NEWS 最新情報

2月4日(土)金沢医科大学氷見市民病院・市民公開講座


『世界がんデー』でもあった2月4日に、金沢医科大学氷見市民病院の市民公開講座にて「腎臓がんから奇跡の復活?この一瞬を大切に生きる?」と題した講演を行いました。
自身が患った腎臓がんの経験を元に、健康診断による早期発見・早期治療の大切さ、病気は自分一人の問題ではなくなることなどを聴講者の皆様にお伝えしました。
2人に1人ががんになると言われている現在、他人事ではなくいつ我が身に降り注ぐか分かりません。年齢性別に関わらず、常に早期発見・早期治療の心がけが必要です。


↑トップへ