NEWS 最新情報


第15回CRCと臨床試験のあり方を考える会議2015inKOBEレポート

9月12日(土)に行われました第15回CRCと臨床試験のあり方を考える会議2015inKOBE特別企画『日本の臨床研究の「今」と「未来」〜国民も巻き込んで議論しよう〜』に小橋建太が参加致しました。
この企画では、今の日本の臨床研究の状況をしっかりと見据えた上で、日本の臨床研究に国民や患者は何を期待し、国や研究者、企業はどこを目指していくのかについて医療者・企業人・国民・国の4者で議論をしました。

臨床試験というと、一般的に=治験、=裏バイトというイメージが根付いており、非常にダークなイメージがある。
実際は臨床試験と治験は違うが、勘違いをされている方が多い。
しかし、治療を兼ねた臨床試験は本当に病気で苦しんでいる人を助けることができる最後のチャンスであり、新薬開発の治験は、今後同じ病気で苦しむ人々を救うきっかけにもなる。
私は9年前に腎臓がんが発覚し、右腎臓摘出手術を受けました。10年で完治と言われる腎臓がんですが、幸い今のところ転移や再発は見られずあと1年弱で完治となります。
だが日本には私のように手術や治療がうまくいく人もいれば、様々な治療法を試しても治癒できない病を抱えている人もいる。
そんな、行き詰まり、壁にぶち当たってしまった悩み苦しむ人を救える唯一の手段が臨床試験ではないだろうか。
不正、倫理性、手間など様々な問題や改善の余地はあるが、国民が信頼し、応援できる環境づくり、すなわち「もっと知ってもらう」必要がある。

と腎臓がんを患った元患者という立場から様々な意見を述べました。


↑トップへ